やっぱりマットレス選びは耐圧分散が全てだという事実

ベッドマットレスはいつかは廃れてしまうことになる消耗品です。

買い替えのときに多くの方がどこのマットレスを使えばいいのか?ということで迷うことでしょう。

大多数は寝心地を重要視しており、耐圧分散という表現で評価されています。

日本のベットメーカーの数も多く、マットレスの耐圧分散の技術構造も多岐に渡ります。

そこで、日本でも有数のベットメーカーである日本ベットとフランスベットの2社の体圧分散の技術構造をまとめてみました。

日本ベットの耐圧分散

そもそも日本ベットの起源について軽く触れてみることにします。

創業は昭和20年代のころ、創業者は英国でベットで就寝する文化を体験してから、日本にベットの文化を持ち込みます。

日本ベットは介護ベットからホテル仕様のベットに至るまで製造されていますが、一般家庭用のベットもベーシックとシルキーシリーズに分かれています。

ここでは個人の邸宅ようのベットの特徴を紹介することにします。

ベーシックの価格は10万円ほどであるのに対して、シルキーシリーズは倍の20万円にも及びます。

まず、日本ベットのコイルは熱を通しているためにコスパが高く、長期間使用しても壊れにくいとう良さが売りです。

さらに、シルキーシリーズでは高密度コイルを使用されているために、より安定した寝心地の良いマットレスが魅力です。

さらに、固め、中間、ソフトというように硬さの選択の幅が広いんです。

まとめると

・コイルに熱を通しているのでコスパがいい

・独立した高密度コイルではさらに体の重い部位へのサポートが長けている

・硬さでシリーズを選ぶことができるので自分の適したものが見つかりやすい。

・男女の差で選びやすい特徴を備えている

一方で、国内メーカーのフランスベットの耐圧分散は?

そもそもフランスベットも昭和20年以降に起業された老舗のベットメーカーで、創業者である池田実氏が欧米のベット文化を日本風にアレンジして導入した企業です。

ソファーベットから始まり、ホテルへの事業展開は2015年からのこと、御三家と言われるホテルから受注しており、ホテル仕様のベットマットレスは得意分野です。

そんなフランスベットの商品で一般家庭用といえば、女性向けのクラウディア。

コイルは縦横に柔軟な構造で、体圧を「受け」て「逃がす」というホテルベットとしての高い性能を持ちます。

まとめ

何が言いたいかというと、性能やクオリティにこだわるなら少々高くても老舗の国内メーカーの製品がおすすめできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です