ベット販売店が勧める マットレスに合う枕とは?

枕はマットレスと同じように、安眠を誘う寝具に必要なものです。

国内、海外メーカーを扱う専門店ではどのような枕を推奨しているのかまとめてみました。

テンピュール枕のスペック

サイズ:幅40 x 長さ26 x 高さ7~4 cm

素材・仕様:テンピュール素材

・カバー生地ポリエステル99%、ポリウレタン1%

生産国:デンマーク製

テンピュール素材は言わずと知れた寝具の中材です。

フェザー素材100%枕

固めが好きな方、かつ高めの枕として利用できます。

羽毛とダウン50パーセントの割合の枕

ダウン入りで沈み込みが大きく、柔らかく低めの枕が好きな方に向いています。

ポリエステルと綿の枕

通気性に長けています。

バネのようにクッション性があるので硬すぎず、柔らかすぎずという使用感の素材です。

低反発ウレタン素材のチップ

ウレタン素材をチップとして使用した枕、ウレタン素材だから利用者の体圧に合わせた沈み込みが特徴です。

そばがら、ヒノキ素材の枕

硬くて高めの使用感、吸湿、保湿性にも長けています。

涼をとることもできてヒノキの香りもあります。

ベットマットレスに使われるまくらのサイズ

ここではホテルなどで客室用枕に使用されるサイズをご紹介します。

平均サイズのMサイズ

縦43cm、横63cm

大きめLサイズ

縦50cm、横70cm

セミロング

縦43cm、横90cm

セミロング

縦43cm、横120

このように、家庭ではスタンダードサイズのMサイズを使用されることが多いですが、ベットメイキングや寝心地にこだわるなら、セミロング、ロングサイズをセレクトすることもあります。

マットレスメーカーで選ぶという方法

マットレス、フレーム、寝具という順で選ぶようにします。

中でもマットレスメーカーの寝具をセレクトすると、楽ですし、メーカー側のコンセプトに応じたものを組み合わせることができます。

とくに、初めてベットを購入するというならば、かず多くのブランドを集結させたベット、ショールームに足を運んで見てはいかがでしょう。

まとめ

メーカー、ブランドの数ほどまくらにも多様性があります。

例えば限られた中材の素材は同じものであっても、メーカーの工夫やこだわりで全く別物の商品であることもあるのです。

マットレスに横になって寝心地を体験するときに、枕の存在も忘れずにしましょう。

同時に枕の寝心地も体感しておくと、選びやすくなりますし、購入後も後悔なく使える可能性が高くなります。

高級ホテルも導入する国内ホテルがフランスベットを選ぶ理由

日本を代表するホテルとえいば、ホテルニューオータニが有名です。

客室から見えるお庭が素敵なホテルです。

ニューオータニの客室のベットマットレスは、フランスベットもしくは日本ベットのメーカーを採用されているようです。

どちらのメーカーも日本製という共通点があります。

フランスベットはフランスの企業のものではなくてメイドインジャパンです。

フランスベットの特徴とその魅力

そもそもフランスベットを日本のメーカーであることを認識するためにも、フランスベットの歴史を知っておく方が選びやすいというメリットが生まれます。

フランスベットは昭和20年代に創業者の池田実氏により日本でスタートします。

欧米のベットの研究、開発に学んだ後に日本の生活様式や建築、風土に適合するようにベットを開発しました。

それが、高密度連続スプリングマットレスと称されている技術でした。

日本の住宅事情を背景にしたソファ式のベットから始まり、今のようなホテル向けベットが開発されたのは2000年代のこと、2015年よりホテル向けのベットが事業転嫁されるようにまで至りました。

同じ頃、レンタル事業もスタートしています。

フランスベットの導入先

日本各地のビジネスホテルチェーンから、老舗ホテル、航空会社のホテルに至るまで導入先は多岐に渡るので私たちが利用する機会も多いことでしょう。

首都圏では

・赤坂エクセルホテル東急

・グランドプリンスホテル赤坂

・赤羽プラザホテル

・ハイアットリージエンシーなど。

フランスベットのホテル仕様として導入されています。

日本の気候と風土に合わせたベット

一言でいうと高密度連続スプリングスは、マットレスの中に空間が入る隙間があるために、通気性にも富んでいるということがいえます。

マットレスといえば、ゆうむを言わさず通気性の問題を講じることがあります。

日本の家屋はほとんどが和室であり、梅雨のシーズンに向けて湿度が高くなります。

欧米のマットレスの機能をそのままで使用していれば、日本の気候には合わないということで日本向けの製品が開発されているわけなのです。

まとめ

国内メーカーのホテルのマットレスはホテル仕様であるために、厚み、ボトム、ヘッドボードなどもホテル特有のしつらえであると言えます。

フランスベッドは日本のメーカーであるために製品の品質検査も国内の法律の規定が該当しており、安全面が強く、安心することができるというメリットがありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です