マットレスを選ぶなら、基本はやっぱり国内メーカー

外国メーカーのマットレスも展示用で見ることが可能な時代ですが、多くの国内ホテルが導入しているマットレスといえばやっぱり、国内産メーカーのマットレスになります。

利点はたくさんありますが、情報が多く検討しやすいということも言えます。

国内産マットレスの醍醐味

・ネットからの情報量が多い

現代ではインターネットで公式サイトの情報が確保できますが、他にもオンラインショップでの口コミ、評価、商品の情報を見ることもできる時代です。

見るべき点、知ることができる情報というのは商品のスペック以外にも消費者の年齢や性別まで知ることができます。

・ショールームがあること

外国産のマットレスも国内販売店がショールームを設けていることがありますが、日本メーカーに比較しても普及率が違うということがあります。

ショールは実際にマットレスのビジュアルや素材を目でみて、手に触れることができるというチャンスです。

・一貫した製造工程

国内工場での一貫した製造工程を得て製造されているために、購入者は安心して製造肯定を確認することができます。

・工場から直接納入される

国内工場から届く製品は包装と製品を安心して受け取ることができます。

・品質、安全性は国内基準

アレルギーや化学物質、その他付加価値のあるオプションも国内基準です。

消費者もどのような加工になっているのか確認がしやすく、安心を手に入れることができます。

主なマットレスの国内メーカー

老舗メーカー

・フランスベット

欧米文化を取り入れながらも、日本の気候や風土、日本人の生活習慣やおもてなしを重要視した製品作りとサービスを信条にしている

・日本ベット

介護ベットからホテル仕様までを扱います。

その他、メーカーは多様性を増していますが、概ね日本を代表するマットレスのメーカーといえば、二社があります。

国内産マットレスの醍醐味は日本人の体にあうこと

介護ベットを初めとして日本人の生活様式にあうベットであることが一番です。

まず、日本家屋は畳の文化ですから、畳の上でも設置しやすいマットレスであることが第一条件です。

風土や湿度対策にこだわり、取り扱い安く、個人でもとり扱い安いことが条件です。

まとめ

ホテルなどでは搬入手段の問題もあり、国内産のベットを導入されることが多いようです。

海外ホテルなら海外のメーカー、国内なら国内メーカーということが多いようですが、外資系ホテルの場合には、海外メーカーのマットレスを使われるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です