マットレスは自分で洗える?コインランドリーを使った洗濯方法

大きくて分厚いマットレスは、外側から消臭スプレーや殺菌効果のあるスプレーをするか、専門の業者に依頼するしか清潔に保つ方法がないと思われがちです。

しかし、外側からのスプレーでは、マットレスの外側しか効果がありません。

マットレスの内側にある汚れや雑菌は洗濯をしなければ落とすことができません。

しかし、専門の業者に依頼すると料金が発生し、経済面で負担がかかります。

また、業者依頼はマットレスを送って洗濯をして、配達でマットレスを受け取るという時間と手間がかります。

マットレスは洗いたいけれど、業者に頼むのは時間や手間がかかって面倒だという方は、コインランドリーで洗う方法がおすすめです。

正しい方法を知っておけば、コインランドリーでもマットレスを正しく洗うことができます。

まず、コインランドリーでは一番大きい洗濯機を使います。

マットレスが入るサイズの洗濯機があるところを選びましょう。

コインランドリーに行く前に、マットレスの外カバーを外しておきます。

外カバーは自宅で洗濯できるので、コインランドリーに行っている間に洗濯しておきましょう。

外カバーを外したらマットレスを糸で縛っておき、洗濯機に入れやすいようにしておきます。

マットレスはくるくると巻いて、上、真ん中、下の三カ所を縛ります。

しっかりと糸でまとめて、洗濯機に入れやすいようコンパクトにしておきましょう。

準備したらコインランドリーで洗濯をします。

一番大きな洗濯機に入れ、それぞれ指定の使用方法で洗濯を開始しましょう。

マットレスの洗濯には時間がかかるので、コインランドリーで待つ間の時間潰しを用意しておくのをおすすめします。

洗濯が終わったら糸を巻いた状態のまま持ち帰ります。

乾燥機にかけるとマットレスが傷んでしまうので、自宅に持ち帰り陰干しをしましょう。

干す準備が完了したら糸をほどき、全体の形を整えます。

陰干しは、物干し竿を二つ使います。

マットレスを上から物干し竿に乗せて、全体をまんべんなく空気に晒すような形にして乾かします。

乾かすのには時間がかかるので、天気が良く湿気が少ない日を選んで乾かしましょう。

完全に乾くには数日間かかることもあるので、洗濯をする前に天気予報をチェックして、晴天が続く日を選びましょう。

マットレスは一時間置きを目安に裏返します。

全体をまんべんなく乾かせるように、こまめにひっくり返しましょう。

乾かし終わったら、全体の形を手で整えます。

洗濯をすると中の綿が寄ってしまうことがあるので、乾燥し終わったら形を整え完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です