メーカーに共通する?ホテル仕様のマットレスとはどんなもの?

1960年代に日本はホテルの建設ラッシュというものを迎え、現代では数多くのホテルが立ち並びました。

多くのホテルがベットにこだわり始めたのはずいぶん後からのこと。

近年になりホテルの客室にも付加価値をということで、クオリティの高いベットが導入されることになりました。

そこで、ホテルに度々宿泊していると湧いてくる疑問があります。

「ホテル仕様のマットレスは家庭用のどのように違うのか?」ということ。

そこで、一般的なホテル仕様についてリサーチしてまとめました。

ホテル仕様の秘密 マットレスの厚み

多くのホテルのベットマットレスには厚みが見られます。

とくに、リゾートホテル、ビジネスホテルの中でもベットにこだわりを持つホテルなどのマットレスは少なくても30cmほどの厚みがあります。

ホテル仕様とはベットの厚みを分厚くしたものということもできます。

国内メーカーのフランスベットや日本ベットと海外メーカーであるシーリーなどメーカーにかかわらず厚みのあるマットレスを提供しています。

マットレスの厚みは、

・国籍や人種にこだわることなくあらゆる体型の顧客が利用できるようにというホテルの事情を考慮して開発されていること

・耐久性などを考慮して作られていること

・ホテルの作業者が取り扱いやすいようにという工夫

以上の視点から開発されているために分厚くなっているのです。

マットレスの厚みは分厚いほど寝心地がいい?

ホテル仕様のマットレスはほとんどが30cm以上と厚みがあるものです。

そして寝心地も家庭用と比較しても良好だと感じます。

各社メーカーでコイルの構造や空洞などは異なりますが、共通していることは素材や生地などで厚みを出すと弾力性や耐久性に優れているということです。

極端な言い方では、マットレスの上でトランポリンをしてもいいくらいに弾力性があるということです。

まとめると、

・メーカーごとでコイルの構造が異なる

・メーカーごとで素材の使い方や縫製技術が異なる

・メーカーごとで空洞が異なる

ホテル仕様の謎、ピローソフト仕様とは

ピローソフト仕様とは、マットレスの上部(トップ)にさらにマットを加える手法です。

ホテル仕様のマットレスに多く見られ、寝心地をよくする目的で採用されています。

こうしたオプションと言えるものは、スイートルーム仕様のお部屋に導入されるマットレスに利用されることが多いです。

同じくスイートルーム仕様といえば、ダミエ柄タイプ(パーフェクトナイトホテル、フリーフレックスコイル)、スーパーホワイトタイプがオプションとしてつけられえています。

そこまで知らなかったボトムコイルの謎

ホテル仕様というと、ボトムのコイルで耐圧分散が可能

マットレスには耐圧分散を目的としたコイルが埋め込まれています。

しかし、ホテル仕様のベットでは、一部のホテルのベッド(ボンネル・ポケット標準)においてボトムにも耐圧分散目的のコイルが設置されているのです。

ボトムとは、マットレスの下に敷いておく土台のことを言います。

全ては、ホテルの顧客の耐圧を受け止めて分散させるため、または耐久性を維持するために設置されている技術です。

まとめ

ホテル仕様の仕組みをみると以外と簡単なことがわかります。

全ては寝心地の追求と耐久性のために手が加えられているのです。

ベット販売店が勧める マットレスに合う枕とは?

枕はマットレスと同じように、安眠を誘う寝具に必要なものです。

国内、海外メーカーを扱う専門店ではどのような枕を推奨しているのかまとめてみました。

テンピュール枕のスペック

サイズ:幅40 x 長さ26 x 高さ7~4 cm

素材・仕様:テンピュール素材

・カバー生地ポリエステル99%、ポリウレタン1%

生産国:デンマーク製

テンピュール素材は言わずと知れた寝具の中材です。

フェザー素材100%枕

固めが好きな方、かつ高めの枕として利用できます。

羽毛とダウン50パーセントの割合の枕

ダウン入りで沈み込みが大きく、柔らかく低めの枕が好きな方に向いています。

ポリエステルと綿の枕

通気性に長けています。

バネのようにクッション性があるので硬すぎず、柔らかすぎずという使用感の素材です。

低反発ウレタン素材のチップ

ウレタン素材をチップとして使用した枕、ウレタン素材だから利用者の体圧に合わせた沈み込みが特徴です。

そばがら、ヒノキ素材の枕

硬くて高めの使用感、吸湿、保湿性にも長けています。

涼をとることもできてヒノキの香りもあります。

ベットマットレスに使われるまくらのサイズ

ここではホテルなどで客室用枕に使用されるサイズをご紹介します。

平均サイズのMサイズ

縦43cm、横63cm

大きめLサイズ

縦50cm、横70cm

セミロング

縦43cm、横90cm

セミロング

縦43cm、横120

このように、家庭ではスタンダードサイズのMサイズを使用されることが多いですが、ベットメイキングや寝心地にこだわるなら、セミロング、ロングサイズをセレクトすることもあります。

マットレスメーカーで選ぶという方法

マットレス、フレーム、寝具という順で選ぶようにします。

中でもマットレスメーカーの寝具をセレクトすると、楽ですし、メーカー側のコンセプトに応じたものを組み合わせることができます。

とくに、初めてベットを購入するというならば、かず多くのブランドを集結させたベット、ショールームに足を運んで見てはいかがでしょう。

まとめ

メーカー、ブランドの数ほどまくらにも多様性があります。

例えば限られた中材の素材は同じものであっても、メーカーの工夫やこだわりで全く別物の商品であることもあるのです。

マットレスに横になって寝心地を体験するときに、枕の存在も忘れずにしましょう。

同時に枕の寝心地も体感しておくと、選びやすくなりますし、購入後も後悔なく使える可能性が高くなります。

高級ホテルも導入する国内ホテルがフランスベットを選ぶ理由

日本を代表するホテルとえいば、ホテルニューオータニが有名です。

客室から見えるお庭が素敵なホテルです。

ニューオータニの客室のベットマットレスは、フランスベットもしくは日本ベットのメーカーを採用されているようです。

どちらのメーカーも日本製という共通点があります。

フランスベットはフランスの企業のものではなくてメイドインジャパンです。

フランスベットの特徴とその魅力

そもそもフランスベットを日本のメーカーであることを認識するためにも、フランスベットの歴史を知っておく方が選びやすいというメリットが生まれます。

フランスベットは昭和20年代に創業者の池田実氏により日本でスタートします。

欧米のベットの研究、開発に学んだ後に日本の生活様式や建築、風土に適合するようにベットを開発しました。

それが、高密度連続スプリングマットレスと称されている技術でした。

日本の住宅事情を背景にしたソファ式のベットから始まり、今のようなホテル向けベットが開発されたのは2000年代のこと、2015年よりホテル向けのベットが事業転嫁されるようにまで至りました。

同じ頃、レンタル事業もスタートしています。

フランスベットの導入先

日本各地のビジネスホテルチェーンから、老舗ホテル、航空会社のホテルに至るまで導入先は多岐に渡るので私たちが利用する機会も多いことでしょう。

首都圏では

・赤坂エクセルホテル東急

・グランドプリンスホテル赤坂

・赤羽プラザホテル

・ハイアットリージエンシーなど。

フランスベットのホテル仕様として導入されています。

日本の気候と風土に合わせたベット

一言でいうと高密度連続スプリングスは、マットレスの中に空間が入る隙間があるために、通気性にも富んでいるということがいえます。

マットレスといえば、ゆうむを言わさず通気性の問題を講じることがあります。

日本の家屋はほとんどが和室であり、梅雨のシーズンに向けて湿度が高くなります。

欧米のマットレスの機能をそのままで使用していれば、日本の気候には合わないということで日本向けの製品が開発されているわけなのです。

まとめ

国内メーカーのホテルのマットレスはホテル仕様であるために、厚み、ボトム、ヘッドボードなどもホテル特有のしつらえであると言えます。

フランスベッドは日本のメーカーであるために製品の品質検査も国内の法律の規定が該当しており、安全面が強く、安心することができるというメリットがありますね。

初めてのベット選びの参考に!やっぱり人気の羽毛布団の見極め方

ベットの寝具といえば、羽毛布団が有名です。

ふんわりとした掛け心地、沈み込みのある枕。。

マットレスとの相性もよい羽毛布団にも品質に差があります。

そこで、羽毛布団を選びたいときの良い羽毛寝具の選び方をまとめました。

そもそも羽毛とは?ダックとグースの違い

寝具の中材に使用される羽毛はグースとダックの2種類があります。

ここでおさらい、ダックはアヒルの事を言いますが、グースはガチョウのことを言います。

両方は見た目もよく似ていますが別ものになります。

羽毛のクオリティーとしては、ダック、グース、マザーグースの順番で品質が高くお値段も高級になっていきます。

ダックは食用として飼育されることが多く、羽毛さえも未熟で小さめのために、保温性も少なく値段も安価です。

一方、グースになると羽毛も大きくなり機能も期待できます。

ダウン比率の高さが高価格帯であるという基準

そもそも、ダウンというのはグースの羽毛の塊のことです。

フェザーもダウンも同じ羽毛ですが、フェザーはグースの羽根、ダウンはグースの羽の毛玉のことです。

ダウン率が寝具の中材において高いというのは、ダウンの分量が多いということになります。

すなわち、中材としてダウンの分量が多く50%も占めていれば、高級品の羽毛布団であるということになるのです。

ダウン比率が90%というなら最高級品の羽毛布団になります。

ダウン以外の残りの50%もしくは10%の素材はフェザーです。

良質な羽毛布団を選びたいなら

騙されずに良質な布団を選ぶための見どころをまとめました。

・生産国にこだわりを絞る

・中材のダウンやフェザーの分量が明確な商品

・中材のグースもしくはダックを明確にした商品

・外側の生地にこだわる

以上の点に注意してセレクトしましょう。

羽毛布団のあれこれ

実際の羽毛布団の商品を見てみましょう。

・中国製ダックダウン85%

・ヨーロッパダックダウン90%

・フランス、ポーランド、イングランドマザーグース。。

というように、分量と生産国が売りといってもいいくらいです。

まとめ

フランス マザーグース95%、日本製という条件の寝具でシングルサイズ20万円前後という高価格帯です。

フランスのマザーグースを使用している縫製は日本製品であるという情報が読み取れるわけですが、ダウンかフェザーか歩合は?ということまではこれだけでは読み取れません。

ダウンかフェザーか?歩合は?という問題は使用感、温かみも左右します。

このように、商品の細かい情報まで確認してから選ぶようにしましょう。