マットレスは自分で洗える?コインランドリーを使った洗濯方法

大きくて分厚いマットレスは、外側から消臭スプレーや殺菌効果のあるスプレーをするか、専門の業者に依頼するしか清潔に保つ方法がないと思われがちです。

しかし、外側からのスプレーでは、マットレスの外側しか効果がありません。

マットレスの内側にある汚れや雑菌は洗濯をしなければ落とすことができません。

しかし、専門の業者に依頼すると料金が発生し、経済面で負担がかかります。

また、業者依頼はマットレスを送って洗濯をして、配達でマットレスを受け取るという時間と手間がかります。

マットレスは洗いたいけれど、業者に頼むのは時間や手間がかかって面倒だという方は、コインランドリーで洗う方法がおすすめです。

正しい方法を知っておけば、コインランドリーでもマットレスを正しく洗うことができます。

まず、コインランドリーでは一番大きい洗濯機を使います。

マットレスが入るサイズの洗濯機があるところを選びましょう。

コインランドリーに行く前に、マットレスの外カバーを外しておきます。

外カバーは自宅で洗濯できるので、コインランドリーに行っている間に洗濯しておきましょう。

外カバーを外したらマットレスを糸で縛っておき、洗濯機に入れやすいようにしておきます。

マットレスはくるくると巻いて、上、真ん中、下の三カ所を縛ります。

しっかりと糸でまとめて、洗濯機に入れやすいようコンパクトにしておきましょう。

準備したらコインランドリーで洗濯をします。

一番大きな洗濯機に入れ、それぞれ指定の使用方法で洗濯を開始しましょう。

マットレスの洗濯には時間がかかるので、コインランドリーで待つ間の時間潰しを用意しておくのをおすすめします。

洗濯が終わったら糸を巻いた状態のまま持ち帰ります。

乾燥機にかけるとマットレスが傷んでしまうので、自宅に持ち帰り陰干しをしましょう。

干す準備が完了したら糸をほどき、全体の形を整えます。

陰干しは、物干し竿を二つ使います。

マットレスを上から物干し竿に乗せて、全体をまんべんなく空気に晒すような形にして乾かします。

乾かすのには時間がかかるので、天気が良く湿気が少ない日を選んで乾かしましょう。

完全に乾くには数日間かかることもあるので、洗濯をする前に天気予報をチェックして、晴天が続く日を選びましょう。

マットレスは一時間置きを目安に裏返します。

全体をまんべんなく乾かせるように、こまめにひっくり返しましょう。

乾かし終わったら、全体の形を手で整えます。

洗濯をすると中の綿が寄ってしまうことがあるので、乾燥し終わったら形を整え完了です。

御三家ホテルで使用したマットレスの家庭用マットレスのお値段はいくら?

御三家ホテルと呼ばれている帝国ホテル、ニューオータニーホテルをはじめとした日本を代表するホテルに導入されている「日本ベット」は昭和20年頃からつずいている老舗国内ベットメーカーです。

ホテルに宿泊してからというものの、ベットの寝心地が気に入って家庭用ベットの購入を検討するという方もいるでしょう。

そのような時のために、日本ベットで取り扱われている自社製品の種類や価格をまとめました。

日本ベットで自社製造する家庭用ベットマットレスの種類

ビーズポケットマットレス

ビーズポケットソフト

ビーズポケットレギュラー

ビーズポケットハード

ビーズポケットベーシック

ビーズ和織 ハギ

ビーズ和織 ハギ

シルキーポケットマットレス

ピロートップシルキー

シルキーパフ

シルキーシフォン

シルキーポケットソフト

シルキーポケットレギュラー

シルキーポケットハード

以上のような種類があります。

特に近年では以下の種類があり、寝心地の良さを分類することができます。

・ロートップシルキーラグジュアリー感 丁寧で手の込んだつくり

・シルキーパフソフトな寝心地 ふんわり感触

・シルキーシフォンモチッと弾力のある寝心地

・きめこまかい寝心地 身体をしなやかに整えてくれるものはシルキーポケットソフト、シルキーポケットレギュラー、シルキーポケットハード

気になる価格帯

例えば、シルキーシフォンというシリーズのサイズとお値段は以下のようなものです。

シルキーシフォンの特徴は、ふわふわでモチッとする感触層が持ち味であることです。

表面のエステル綿と高比重・高弾性ウレタン素材で弾力性にも十分に富んでいます。

シルキーシフォンマットレスの価格一覧

サイズ

シングル¥194,400(税抜¥180,000)W98×L195×H24

セミダブル¥216,000(税抜¥200,000)W120×L195×H24

ダブル¥237,600(税抜¥220,000)W140×L195×H24

クイーン¥259,200(税抜¥240,000)W160×L195×H24

まとめ

一例を示しただけで、他の種類もほぼ同価格帯とえいます。

ホテルに搬入されているマットレスに比較してもわずかに低価格帯ですが、家庭用マットレスとしては高価格帯の方に入ると言えます。

国内メーカーである日本ベットには日本各地にショールームが点在しており、見学箇所が設置されているので、リアル店舗でマットレスを見学してから考えるということもできます。

ホテルのベットで見るボトムスカートって何?

高級ホテルに宿泊した時によく目にすることになるボックス スカートですが、一体何のためにあるの?と気になった人も多いことでしょう。

ベッドスカートは、ベッドボトムを覆うようにしつらえてあり、よく見ると個性的なデザインでホテルごとまた客室ごとに凝っていることが分かります。

ボックス スカートはボトム(足元)にカバーをかけて覆うことで、インテリア性を演出していると同時にベッドのボトムフレームの汚れ防止の役割も果たして暮れるのです。

ではボックス スカートの種類やタイプはどのようなものがあるのか?ということをまとめます。

・プリーツタイプ

側面から前後にプリーツがほどこされているデザインタイプです。

おしゃれに見えるという特徴があります。

・スリットタイプ

前後、側面、真ん中にスリットが入るデザインです。

・ボックスタイプ

前後、側面、マットレス両側がデザインなしのものです。

以上のデザイン以外にも柄を選ぶことも可能です。

ボックススカートのベットメイキングは簡単に取り付けることができます。

ベッドボトム(台座)部分に覆うようにかけるだけで仕上がります。

その上にマットレスを置いてゆきます。

ホテルベットに使われているベッドスローとは

ベッドスロー(ベッドライナー)とも言いますが、近年ビジネスホテルなどを中心とした客室用ベットにあしらわれていることも多くあります。

そもそも、ベットスローとは、デザインだけの目的ではなく靴を履いた状態でベットを使用する欧米人のためのアイテムだといえますから、外国人宿泊者の多いビジネスホテルで使われていることが多いです。

ビジネスホテルをはじめとしたスタンダードなホテルでは、華美なベットメイキングは必要がありませんので、ベットライナーのみを敷いてテイストを演出しているということもあります。

デザインはとくに決められておらず、ホテルや客室のテイストごとに自由です。

主に単色ずかいでシックな色が多く見受けられます。

まとめ

ボックス スカートはベットボトムに利用される足元用の装飾カバーのことです。

ベットを華美にしたいとき、コンセプトのデザインに揃えたいときに多様なデザインを使います。

いっぽうでベットライナーは布団の上で側面から反対側の側面へと乗せておく敷物です。

両方ともベットメイキングは簡単にできる為に、サイズさえあえば一度ホテルでみたものを再現することも可能、個人宅で応用してみることも可能になります。